2019年2月21日

食の案内人 "Local Food Guide" 食べ物の産地を英語で案内するローカル・フード・ガイド講座

0 件のコメント :

\食べ物の産地を英語で案内するローカル・フード・ガイド講座/



海外のお客さんに日本の里山での暮らしや地域の中で根付いてきた食べ物の物語を専門に、英語で生産者を案内する旅の体験プログラムを作っています。

特に"食と農"をキーワードに、日本文化に興味のある海外のお客さんと交流してみたい方を募集しています。一緒に原料が食べ物になるまでの過程を英語でたどってみませんか?

できれば、現場での実戦で外国人を案内していただける方を募集しているのですが、とりあえず、話だけでもきいてみたいという方、いまは仕事があるけど将来土日の副業としてぼちぼち考えたい、英語で日本食のことを勉強してみたいという方も歓迎です。定期的に開いていきたいなあと思っているので単発でも大丈夫です。

第1回 座学 2019年3月9日(土) 午後1時〜2時半
第2回 酒学 2019年3月10日(日) 午後1時半〜4時
第3回 山の辺の道 2019年3月23日(土) 午前9時〜3時半
第4回 日本茶 2019年4月14日(日) 午前11時〜午後2時

==============
■Local Food Guide 研究会
第1回 座学編
日 時 2019年3月9日 午後1時〜2時半
参加費 1000円(資料代・お茶つき)
定 員 10名程度
場 所 GUEST HOUSE OKU ゲストハウス奥
〒630-8238 奈良県奈良市高天市町29
https://guest-house-oku.business.site/
近鉄奈良駅からも近く、路地奥にある素敵なゲストハウスです。

<内容>
・英語で自己紹介
・こんなお客さんがくる?!国籍別の特徴と対応
・海外のお客さんの食事制限とアレルギー
・外国人の集客に使える各サイトの特徴
・日本食を英語で紹介してみよう
・その他、聞きたいこと(あれば)


第2回 フィールドワーク・酒編
日 時 2019年3月10日 午後1時半〜4時
参加費 3000円(酒蔵見学・酒テイスティング15種類つき)
定 員 8名
場 所 京阪「伏見桃山」駅 集合(大手筋商店街側)
<内容>
・英語で自己紹介
・酒蔵見学とテイスティング
・酒を英語で語るための専門用語


第3回 山の辺の道と蔵人と巡る酒の聖地巡盃
2019年3月23日(土)
■午前:午前9時~11時半
山の辺の道ウォーク
参加費 1000円
定 員 10名
場 所 JR柳本駅集合
<内容>
・英語で自己紹介
・山の辺の道を英語で歩こう(柳本~三輪)
・神社とお寺、しめなわ、おみくじなど日本文化を紹介
・売店に売ってる植物や食べ物を英語で説明してみよう

■午後:午後時~3時半
今西酒造蔵人、三輪氏子と巡る聖地巡盃ツアー
参加費 3000円
定員 10名
場 所 JR三輪駅集合
<内容>
今西酒造さんの案内で、大神神社をはじめ三輪町を巡る聖地巡盃のあと、築170年の酒蔵で利き酒をお楽しみいただきます。

・大神神社 三輪の神様の化身とされる白へび様に酒と卵をお供え。
・狭井神社
・活日神社

※午前、午後、どちらか単発でも大丈夫です。
※両方参加される方は、三輪で一緒にランチしましょう。


第4回 フィールドワーク・日本茶編
日 時 2019年4月14日(日) 午前11時〜午後2時
参加費 3000円(「えぬとえぬ」のりちゃん特製ランチ付き)
定 員 10名
場 所 和束茶カフェ集合
(京都府相楽郡和束町白栖大狭間35)
JR大和路線「加茂」駅から奈良交通バス(和束小杉行き)で「和束山の家」下車、徒歩3分

<内容>
・英語で自己紹介
・お茶の製造過程を学ぶ(のりちゃんより)
・お茶を使った料理を味わいお茶の活かし方を学ぶ
・多様な日本茶の違いを英語で説明してみよう
・茶畑の散歩コースを英語で散策

■対象
・英語で日常会話ができる方、勉強中の方
・海外の方と交流してみたい方
・食と農に興味がある方(発酵、茶、酒、山野草、市場、農業などの生産者に会いに行く旅のリクエストが多いです)

■申し込み方法
info@satoyamaplan.com へメッセージください
①参加希望日
②お名前
③お住いの地域(市町村)
④メールアドレス
⑤電話番号(当日連絡用)
⑥ひとこと(参加理由など)

■案内人
<座学>
里山文庫 前田ちさと
オランダの農業大学在学中、持続可能な暮らしの在り方を求めてアジアの農山村を訪ね歩き、古老たちから伝統農法や保存食、手仕事の知恵と技術を学ぶ。通訳ガイドとして全国を飛びまわりつつ、食と農をテーマに、里山での生き方や暮らしを案内する旅作りに取り組み中。奈良県宇陀市在住。

<第3回三輪>
今西酒造
酒の神が鎮まる地「奈良・三輪」で1660年創業。
日本最古の神社、且つ、酒の神様として全国の醸造家から篤い信仰を受ける大神神社のお膝元で唯一現存する老舗酒蔵・今西酒造。
「三輪を飲む。」をコンセプトに仕込み水には蔵内井戸から湧き出る御神体「三輪山」の伏流水を使用。「米の旨み広がるキレイなお酒」を醸しています。

<第4回日本茶>
農家民宿えぬとえぬ 北紀子
お茶の料理や茶摘み体験を楽しめるお宿「えぬとえぬ」の女将のりちゃん。24種類もの日本茶を育てるお茶博士一家で、自家栽培している抹茶の原料「てん茶」を使った数々の創作料理を提供。こんなお茶の使い方があるのかと感嘆することしきりです。
https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/okan08

0 件のコメント :

コメントを投稿